梅雨に備えてレインコートを選ぶポイント

オートバイを運転する際には、天候が変化して雨が降ってきたとき、レインコートが必要になってくることでしょう。

最近では、様々な素材や機能性のものがたくさんあり、価格がまちまちなので、どれが一番良いのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

バイク乗りにオススメのレインコートは、どのようなものがあり、選ぶポイントとしてどんなことに注意を払うと良いのでしょうか。

レインコートの主な素材は、透湿防水機能のある素材と、PVC素材という2種類があります。

透湿防水素材は、防水力は高いながらも内側の湿気を出してくれる通気性があり、PVC素材は防水力が高いものの、空気が外に出ないでこもってしまうという性質があります。

普通は透湿防水素材だと機能が備わっているため販売価格も少し高く、PVC素材は安く買うことができます。

バイクを運転する場合の用途や頻度、どんな機能が必要か、また耐久性はどれほど必要かなどを考え、素材を選ぶと良いでしょう。

メッシュ裏地が付いていれば、透湿力もある程度ありますし、値段もリーズナブルですから、検討してみると良いでしょう。

サイズの点では、ライディングジャケットの上から着ることになりますので、それよりも大きいものを選んだほうが無難です。

形を考えると、セパレートタイプが着脱しやすいですし、便利でしょう。

バイクは、保管場所が選べないので、収納サイズをしっかり確認しておくようにするといいでしょう。

バイクに乗るときのレインコートは、運転に悪影響を及ぼさないタイプを吟味して、急な雨でも困らないようにしましょう。

Comments are disabled